中古物件を買ってリノベーション

second hand house

新築と中古物件どっちがお得!?

新築物件か?中古物件を買ってリノベーションするか?で悩まれるお客様も多いと思います。どちらにもメリット・デメリットがあります。

まずは、「どこで?どのように暮らすか?」をもう一度じっくり考えましょう。もし新築住宅(建売など)を検討されるのであれば、費用・立地を検討材料にします。中古物件も同様です。「便利な立地」の新築物件(一戸建て)はかなり希少です。マンションも同様で駅近は非常に人気が高い上、高額になります。

そこで昨今注目の中古物件は立地面・コスト面で大変有利です。コスト面では一般的に建物の価格は20年でほぼゼロ円になるとされています(減価償却)。新築も20年経てば建物価値はほぼ無いため、築20年の中古物件であれば、ほぼ土地代だけで購入できるということになります。

資産価値の高いリノベーション

中古物件を買ってリノベーションする場合、基礎や枠組みだけ残して、もとの家を解体し、お好きなデザインでかつ、ライフスタイルに合わせた便利な設備のある家を新たにつくることができます。

もちろん当社のリノベーションは新築時より、性能・価値を高めるリノベーションなので理想のお住まいが実現できます。中古物件を買ってリノベーションすれば、土地代+リノベーション費用で新築以上の理想の家を手に入れることができるのです。

また、元の建物はほぼ0円の為、将来売却をご検討されても値下がりの心配が少ないといえます。つまり資産価値を高く保つことができます。

立地面では、元々中古物件は便利な立地に建っているものも多いです。いかに立地の便利な中古物件を手に入れるかがカギとなります。物件の選定も当社へお任せください。地元を知り尽くした不動産会社と連携しご案内させていただいております。

施工事例(住宅)